派遣会社の日雇い仕事

派遣としての様々な働くスタンス

私がお店を経営していたとき、人手不足で派遣会社さんから、派遣社員を入れてもらっていました。最初の一人目の方は、派遣社員としての決められたルールや、社員より責任を負わない仕事にとてもこだわりがある方でした。そのため自分のできる仕事の線引きをしっかりしていて、逆に簡単な仕事をお願いするのにしやすかったです。キャリアを積んでくると、簡単な仕事は新しく入ってきたものがするといったような風潮がありますが、そういう考えはその方に必要ないので、ある意味とてもよく動いてもらうことができました。
二人目にお願いした方は、最初に私と面談したときに、派遣社員だと思わずに、どんどん仕事を任せてほしいと言いました。社員並みの働きがしたいと言うことでした。それほどやる気があるのなら、社員を目指してみてはどうかと話をしたことがありました。ですが、自分が本当に働きたい会社を見極めたいから、派遣社員として働くとはっきり伝えてもらいました。それも1つの方法だと思い、新卒で入社した私には、全くない慎重な考え方だったので驚きました。派遣社員として働くスタイルにも様々あり、それを尊重してもらえるのが派遣社員の利点だと思いました。